top of page
  • Tanabe

フォークカスタム②

今回はフォークカスタム例をご紹介します!

以前にもフォークカスタムをご紹介しましたがピストバイクは純正のフォークから他メーカーのフォークにカスタムすることが多々あります。

素材が変わることで軽量化ができたり、オフセットなどが変わることでも乗り味も変わっていきます。

長年乗ったフレームがフォークカスタムでまた違った乗り味に変わり新鮮味も出て、またピストに乗るのが楽しくなります!

もちろんフォークにかかわらずパーツをカスタムすることでまた違った感覚になれるのはピストの醍醐味かもしれません!


さて、今回はLOOK(持ち込み)の純正フォークからALPINAのフォークにカスタムしました。純正はクロモリフォークですが、ALPINAはコラムがアルミでブレードがカーボンのフォークになります。

ALPINAのようなフォークは現在では少なくなりましたが、以前はピストバイクでは主流のフォークでした。

近年ではヘッドチューブも大径化しているので1-1/8のストレートフォークも珍しいです。


BEFORE

当然のことながらフレームカラーと同色、同デザインでクラシックな装いになっています。

純正フォークも素晴らしいフォークです!


AFTER

フォークカラーはグロスブラックでフレームのツヤ感とマッチしていて違和感なしです!

ALPINAのロゴが目立ちますが、書体がLOOKとマッチしている感じがあるので特に邪魔にはなりません。

フォークの太さはエアロ形状なので純正に比べると太くなりましたが、フレームの太さと同じくらいなのでこちらについても違和感はないですね。


フォークをカスタムすることでまず見た目が変えれますし、そして乗り味にも変化があります。

同じフレームでもまた違った1台になるのでピストがより楽しくなり、さらにピストの魅了くを再発見できるかもしれません!


フォークカスタムだけでなくパーツカスタムでお悩みであればお気軽にご相談ください。

最適なカスタムをご提案いたします。

カスタムにはパーツの規格などがあり、フレームやパーツ同士に合う合わないが存在します。その点についても丁寧に説明しますのでご安心を。


それでは皆様のご来店、お問い合わせをお待ちしております。


閲覧数:44回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page