top of page
  • Tanabe

AFFINITY LOPRO

KAGEROに続き、パシュートフレームの代表的な存在のLOPROをご紹介します!

LOPROも歴史は深く、長きにわたり人気のフレームです。

KAGEROとの違いはアルミフレームのKAGEROに対してLOPROはクロモリフレームです。重量感はあるものの頑丈な作りで安心感があります。

また、今回モデルよりヘッドパーツの規格が変わったことやタイヤが35cまで装着可能とのことでより街乗りや通勤に最適なモデルとなりました。ブレーキワイヤーも内装式なのでデザイン性も損なうことはありません。



まずはカスタム完成車として組み上げるとどのような感じになるのかをみていきましょう!

こちらのカラーは日本限定カラーで日本でしか手に入りません!おそらく今回の限定カラーですので次回入荷はないものとお考えください!


AFFINITY LOPRO mellow yellow Frame set ¥97,900-







ハンドルが変わるだけでも雰囲気が変わり、乗った感覚も変わってきます。

完成車と違い、初めからお気に入りのパーツがセットアップされるのもオススメポイントです!

カスタムパーツは見た目で選んでも良いですし、乗り方や用途によってカスタムすると良いでしょう!

KAGEROと比べると前下がりがキツくなっていますのでよりパシュート感が味わえる一台です!


フレームカラーはmellow yellow以外にもchampagne moneyやfilm grainがあります。

champagne moneyは濃い緑のようなカラーで渋さがあるカラーリングです。

パーツはブラック系でもシルバー系でもどちらも合いそうなカラーです。



film grainは簡単にいうとブラックです。

ブラックなのでどんなカラーでも合わせやすく多くの方に好まれるフレームカラーです。


どのカラーを選んでもカッコよく、オシャレな一台になるのは間違いなし!

しっかり走れるトラック仕様にしても良し、街乗り特化のコミュターバイク仕様でも良しな万能なフレームです!


ちなみにAFFINITYは入荷毎にカラーが変わることが多いのでmellow yellow以外のカラーも今回入荷分が最後になるかもしれませんので気になる方は売り切れる前にご検討ください!

各カラーSサイズが一本ずつ店頭在庫であります!売り切れた場合は次回入荷待ちとなりますが、次回入荷時期は未定です。カラーや価格なども未定のためご注意ください!


それでは皆様のご来店お待ちしております!

閲覧数:117回0件のコメント

最新記事

すべて表示
記事: Blog2_Post
bottom of page